~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

[20201026週報]もう秋、あなたはどんな秋を過ごす?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆういちです(*‘ω‘ *)

10月も最終週です。今月は、

神無月、あなたが神の月。

というテーマでしたがいかがですか?

10月は、日本全国の神さまが
出雲大社に集まって会議をする月。

内容は、それぞれの地域の報告、
それは、天気や農作物について、
そして、出雲といえばの縁結びについてがメイン。

10月以降は、いろんなことが
あらたに動き出すってこともあるかもしれません。
特に、人間関係の変化があるかもしれません。

 

 

2020年の運気予報

2020年全体が気になる方は、こちらから↓

 

 

10月は心の向かいたい方へ進む 丙戌

10月8日の寒露(かんろ)から、10月の運気のはじまり↓

10月7日までは、いろんなことを整理整頓しましょう(*‘ω‘ *)

  • もやもやを整理整頓
  • 完成できることはさせる
  • うまくいかないことがうまくいくためのヒント

うまくいかない人はうまくいっています。
これからが動き出してくときだから。
なんとなく、迷っていることや悩んでいることに答えをだしていこう!

 

10月の運勢と季節の予定

  • 10月1日(木):中秋の名月
  • 10月2日(金)6:06おひつじ座の満月
  • 10月08日(木):寒露(かんろ)
    ⇒野草に冷たい露がつく頃
  • 10月17日(土)4:32てんびん座の新月
  • 10月23日(金):霜降(そうこう)
    ⇒露が凍って霜が降りる頃
  • 10月31日(土)23:50おうし座の満月

 

自分が向かいたい方へ行く。
そんな単純なことをやってみてください。

こうなりたい、こうしたい。
そんなことを叶えていく10月になりそう。

 

 

10月26日の週の運気予報 壬寅39

海の声をきいて。

星の声をきいて。

あなたの声をきいて。

今週は、そんな感じ。

 

わたしの声が、
それに反射してきこえてくる。
わたしに私の声は聴けないけど。
あなたや何かを通して、その声が聴こえる。

壬寅 癸卯 甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申

全体の流れ

 

豊かさを感じていく。
その豊かさを受け取れるわたしへ。

 

こんな状況だけど
その中でも感じられること。

10月31日(土)23:50おうし座の満月です。

豊穣の満月とも呼ばれています。

豊さを受け取っていく準備を。
豊かさを実際に受け取っていくこと。

この世界では、与えられることも多いです。
だけど、”僕たちが拒否していること”も多い。

与えられているのに、受けとり拒否していることないですか?
今週は、受け取るということを意識して過ごしてみるといいかもしれません。
そして、その先で、与えるということも意識するかもしれません。

  • 受け取る
  • まずは受け取る
  • とにかく受け取る
  • 受け取ってから考える
  • その先にみえてくることもやってみる

 

意外と、受け取り拒否してるなって
気づくこともあるかもしれません。

受けとっても大丈夫だと思えること。
この世界は、おもっていたよりも
やさしかったと気づくこと。

 

カードでみてみる

3枚引きでみます。

1枚目:過去(どうだった?)
2枚目:今(どうする?)
3枚目:未来(どうなる?)で意味をよみます。

さぁ、今週は、どんなカードがでるでしょうか_(:3 」∠)_
今週は、禅タロットをひきます(*‘ω‘ *)

 

過去からいまのカード:laziness 怠惰

 

いまさらに進むトキ。

 

もしかしたら、最近何かが終わったり
ちょっと、ほっとしているそんな状態。

でも、いまは、もう一歩先へ。

やり残したことはないだろうか?
いま、まだやりきれてないことはないだろうか?

そんなことを見落とさずに進みましょう。
やり忘れていることがあれば、早めにおわらせること。

 

わすれていることを思いだしてやる。

 

今のカード:existence 存在

 

0(レイ)から1(イチ)へ

 

あなたが存在するということ。
あなたがそこにいるということ。

そして、あなたはこの世界の一部であるということ。

 

この世界との一体感を感じること。

そして、あなたがやることはなに?

 

 

未来のカード:intensity  激しさ

 

心から湧き上がる感情と衝動

 

今週は、だんだんと自分の心が決まっていくような
その心に導かれるように動き出す瞬間がありそう。

その衝動に動かされるように
直観的に動くことも大事かもしれません。

ピンと来たら、やってみましょう。

 

 

カードリーディングまとめ

 

情熱

 

わたしにとっての心の火。
情熱の、種を燃やしていくこと。

 

わたしがしたいことをする!

 

そう、声高らかに宣言することなく
口にするよりも、先に身体が動く出すような
そんなことを、やっていきましょう。

止まらずに、駆け出すように。
動き出したら、もう止まれないような。

不安もあるかもしれません
とりあえずやってから考えてもいい。

いまは、衝動のままに動き出すこと。そんなとき。

 

さぁ、飛び出そう!!!

 

開運アクション

飛び出すがテーマになりそう。

  • 心が高まるとき
  • それは、どんなとき?
  • それをやってみる

 

考えもなしに動き出す人は少ないかも。
でも、たまにはそういうこともいい。

僕たちは、わかることよりおわからないことが多い。
理屈に合わなくても、無駄に思えるような事も
やってみると、あとからソレに意味があったと気づけるときがある。

それは、この世界のふしぎでもある。

無駄なことはないって知っている人はつよい。
だから、どんどん、無駄に思えることでも
あなたの、心が求めることをやってみよう。

 

おまけ 今週の一冊

今週は、

完璧になれない。だからいい。

 

韓国のヘミン和尚のメッセージBOOK。
本屋さんで、ふらっとしてたら見つけて一冊。
ノウハウは、必要な知識をつけることと同時に
自分の心と会話するような時間も大事かもしれません。

 

 

内容

 

自由と、自分らしい人生を取り戻すための処方箋

やさしくあたたかなメッセージをSNSで発信し、
若い世代を中心に韓国のみならず世界各国で支持されているヘミン和尚。

本書は、生きづらさや窮屈さを感じている心を
ときほぐしてくれるメッセージブックで、

「完璧ではない自分を愛しましょう」

と語りかけてくれます。

 

もくじ

プロローグ
1章大切な自分
自分にやさしく/君がいてくれるだけで
2章家族
母親への愛/父親とは
3章思いやり
抱きしめること/耳を傾けること
4章人間関係
修行中の出来事/失望したとき
5章勇気
まだ若きあなたへ/はじめての挫折
6章癒やし
許すことができないとき/憂鬱なとき
7章自由
心の居場所/悟りへの道
8章受け入れること
手放すとは/どん底からの学び

訳者あとがき

 

著者経歴

ヘミン・スニム(ヘミン和尚)

1973年生まれ。韓国の僧侶、教師、作家。
アメリカのバークレー大学、ハーバード大学、プリンストン大学で学んだのち、
韓国に戻って修行をし、マサチューセッツにあるハンプシャーカレッジで仏教学の教鞭をとる。

ソウルに開校した「The School for Broken Hearts」は
恋愛、結婚・離婚、病気、孤独、家族崩壊など、
今の時代を生きるうえで困難を感じている人たちのためのスクールで、
宗教に関係なく誰でも参加でき、教師や心理学者が集まってサポートしている。

第一作の『The Things You Can See Only When You Slow Down』は
世界で30以上もの言語に翻訳されている。
世界でもっとも影響力のある禅僧のひとりであり、SNSのフォロワーは世界中で150万人以上。

www.haeminsunim.com

 

おおせこ のりこ(大迫徳子)

1974年千葉県生まれ。青山学院大学卒業。
2000年にベルギーで現地法人を立ち上げ、
雑貨輸出入業、絵本翻訳、B&B経営、アロマセラピー、テレビ番組出演&コーディネートなど多岐にわたるビジネスを展開。
フランス人絵本作家アラン・グレのイラストの独占ライセンスを保有。2018年に帰国。
ゼロからの再出発など多くの困難を乗りこえた自身の経験を生かし、
心に優しく寄り添うコーチング、自営業者向けのコンサルティングなども行っている。
訳書に『アラン・グレのメッセージブック』(アノニマ・スタジオ)ほか。

ricobel.com

 

 

 

個人的感想

たまには、こういう本もいい。

知識だけに埋め尽くされると
どこか息苦しくなるから
呼吸をするように
こういう本も。

 

こういう時だからいいですね(*‘ω‘ *)

 

こういう本は必要なところや気になるところだけ読むのもいいし
ざっと読むのも、じっくり読むのもいい。

気がついたら、読みおわっているような本。

 

おわりに

何を信じるか信じないか?
みたいな、信念があるかどうか?
ってのが生きていく上で大事なようなそうでないような。

信念があることで生きにくくなることもあるかも。
でも、信念があるから生きている意味を感じるのかもしれません。
と、最近思います。

頑張っている人や
”生きている人”ほど
苦労、くるしみかなしみも
多いのかもと。

ただ、だからこその
喜びや、楽しみというのも
あるように思います。

人生は、波のようなもので
抑揚が無ければ、ないがなければ
平凡に過ぎていくもの。

そこに、波風をたてると
楽しくもなるし、苦しくもなるということ。
そういうものだから。

楽しく生きるために
そういう意図しないことや
望まないこともひっくるめて
受け止めるような気持が
大事なのかもしれません。

むしろ、進みたい方向へ
行こうとすればするほどに
抵抗のように壁が立ちはだかるものだから。

それも含めて楽しめるわたしで在れるように。

あなたが、あなたでいれますように。

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2020 All Rights Reserved.