~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

[20201130週報]過去と未来はべつのもの

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆういちです(*‘ω‘ *)

明日は、ミソカモウデ。

あと2日で11月も終わりです。

これからどこにいくのか?
何をしていくのか?何を選んでいくのか?

好きと嫌いの真ん中くらいで。
少しだけ好きによって行くような感じ。

 

 

2020年の運気予報

2020年全体が気になる方は、こちらから↓

 

 

11月は心の解放 丁亥

11月7日の立冬(りっとう)から、11月の運気のはじまり↓

11月7日までに自分にできることを再確認してみましょう。

  • 自分の”できる”を整理整頓
  • 自分のできることリストをかいてみる。
  • 自分が得意だなと思うことを書いてみる。

自分が得意なことって自然とやっていること。
あなたが、自然とやっている特別なことはどんな事?

 

それがおわったあとは、
できることをひとつずつはじめていくこと。
2020年の終わりの時間。
はじめていくこととおえていくこと。
そして、この先のことに想いを馳せていくこと。
多くのことは、できないかもしれない。

それでも、目の前のことをひとつずつ
終えていくことで、はじめていくことで
その先への、満ちは開かれていく。

 

11月の運勢と季節の予定

  • 11月7日(土)08:14:立冬(りっとう)
  • 11月15日(日)14:08:さそり座の新月
  • 11月22日(日)05:40:小雪(しょうせつ)
  • 11月30日(月)18:30:ふたご座の満月

自分の心を解放していく、そんな時間。
解放していくとはじまっていく。
いろんな感情やいろんな物語と共に。

12月は”はじまり” 戊子

風に吹かれてはじまるような。

 

12月の季節イベント

  • 12月07日 1時09分:大雪
  • 12月15日(火)1:17:新月
    →いて座の新月(皆既日食)
  • 12月21日 19時02分:冬至
  • 12月30日(水)12:29:満月
    →かに座の満月

 

 

11月30日の週の運気予報 丁丑14

つながりを感じて、つなげていく。
僕たちは、いつも何かに導かれるように。
もともとのつながりをつないでいるのかも。

描かれた絵の上に絵を描くように。

それは同じ絵だとしても違うもの。

キャンパスをまっさらに、えがいていく。

丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未

 

全体の流れ

つないでいく。

2020年も残すところ1か月となったところで。

いま2020年全体を振り返りながら
残りの時間でやることをやること。

2020年は・・・

  • どんな年だった?
  • 何ができて何ができなかった?
  • 思い出すことはどんなことだろう?
  • 出逢ったあたらしい自分でどんな自分?

2020年を振り返りながら
自分のことを思い出してみよう。

何をして、何を感じていたか?
今振り返ることで思い出せることがありそう。

2020年は、どこか
自分の殻を破るような時間。

大きく変わった人もいるだろうし
まだ、変化の途中の人もいると思う。

だけど、共通しているのは
”変化していっている”ということかもね?

深く海の底に降りていくように
自分の奥深くにおりていくことで
みつかることがあるから。

 

カードでみてみる

3枚引きでみます。

1枚目:過去(どうだった?)
2枚目:今(どうする?)
3枚目:未来(どうなる?)で意味をよみます。

さぁ、今週は、どんなカードがでるでしょうか_(:3 」∠)_
今週は、禅タロットをひきます(*‘ω‘ *)

 

過去からいまのカード:the foolish  愚者

 

バカになれ

バカになれとは

あれこれ考えずにやること。
成功も失敗もないのだから。

最近は、そんなことがあったかも?
また、直近でそういうことがあるタイミングかも?

まっさらな心で
おもうがままにとびこむ

 

今のカード:breakthrough 突破

 

壁をぶちこわす

あれこれ考えずに
やってみると壁を突破していく

そんな瞬間にであえそう。

これだな!

って確信したとしても
僕たちは”それから”いろんなことを考える。

考えるよりもいまはやってみる。
やってから考えるのもいいかも。

 

未来のカード:turning in 内側へ向かう

 

意識を内側へ

最近のキーワードと重なるところがあるかも。

2020年のおわり。
今年はいろんなことがありましたが
内側に向かっていくことで気づけることがあり
”わたしの現実”がわたしのものになる。

未来はそんな時間

 

カードリーディングまとめ

いまある壁を超える時

いまは、そんなときかも。
2020年は、ほんとに変化の年。
もともとそういう流れはある中で
半ば強制的に、変化を促される

そんなことがある人も多かったかも。

11月の最終週から12月への時間。

2020年を振り返りながら
超えた壁を思い出したり、
超えられなかった壁を超えていく。

苦しい時間だった人も楽しんでいく時間へ。
楽しんでいる人は、さらに自由に。

 

 

開運アクション

振り返ってつなぐがテーマになりそう。

  • 最近の振り返り
  • 何を感じてた?
  • 何をしていた?
  • 2020年も少し振り返ってみる
  • 変わったことはどんなこと?
  • あたらしくはじめたこと
  • はじめようとしてまだはじめてないこと

 

最近やったような気もしますがまたやることもいい感じ。

”はじようとしてまだはじめてないこと”

そんなことが大事なことであり
この2020年のおわりのじかんでどうしていくか?

やれることをやることと、やりたいことをやること、
やらないといけないことと、やらなきゃいけないこと。

運命に身をゆだねることと
自分できめていくこと

似ているようで違うこと。
そんな中であなたの選択一つで変わっていくこと。

 

おまけ 今週の一冊

今週の一冊は・・・

 

場から未来を描き出す

知ってる人は知っている。
あの”U理論”の深化の一翼を担った著者が説く、
新しい場づくりの実践作者さんの新作です。

 

 

内容

言葉で問うのではなく、
「描く」ことで、対話を深める―。

発言者の話す内容だけではなく、場のエネルギー、人と人との関係性、一人ひとりの感情をも、描き出すファシリテーションとは。
「言葉になっていない」ものが可視化されることで、人々の内省や当事者意識が促され、新しい洞察やビジョン、未来が生み出されていく。
日本でも注目。U理論深化の一翼を担った著者が説く、新しい場づくりの実践。

【スクライビングとは】
人々が対話している間に、発言者の話の内容や考えを視覚的に表すこと。

●単なる「わかりやすさ」や「美しさ」を超えた、描くことの深い効果を「U理論」や「学習する組織」など、組織開発の理論をベースに解説。
●「在る」「融合する」「捉える」「知る」「描く」という5つの実践モデルで、生成的な場づくりを紐解く。
●カラーページで、著者の実際のスクライビングも多数掲載。

【目次】
日本語版序文
序文(C・オットー・シャーマー『/U理論』著者)
はじめに
この本について
1 実践モデル
2 在る
3 融合する
4 捉える
5 知る
6 描く
付録(カラーページ/著者のスクライビング)

 

個人的所感

場から未来を描き出す
それは、まだ見えてもいないものをえがくこと。

そのステップは5つ

  • 在る
  • 融合する
  • 捉える
  • 知る
  • 描く

そこには道のような深さと奥行きがあり
在り方を説明するのは難しいから
実践を通して掴んでいくこと

人生のゴールは心臓の鼓動と
宇宙の鼓動を一致させ
自分と自然を一致させることである

ージョーゼフキャンベル

私たちがより深い人間性を呼び起こすとき、境界線は消えてなくなります。

 

人はきっと
誰かがこうしたほうがいい
ということよりも

意味がなさそうでも
自分がやりたいことをやる
のがいいのかも

 

 

おわりに

ふっと一息つけるような。
最近は、そんな時間もあるかもしれません。

12月となると師走というように
あわただしく時間は過ぎていくかも?

ただ、今年はすこしゆっくりと
トキを感じながら今までをふりかえりながら
これからのことに、おもいをはせるような。

そんな12月を過ごしてみてください。

これから流れが変わっていくから。
その流れの変化を感じてみて。

この世界の流れとあなたの流れ。
そこには、どんな流れがあるのか?
そんなことを思いながら。

 

【受付開始】2021年のあなたの運気予報

ゆういち

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2020 All Rights Reserved.