~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

[20201019週報]私から見える景色の内側へ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆういちです(*‘ω‘ *)

17日のてんびん座の新月を過ぎて
これからは、はじまりの時間。

これからはじめる毎日に。
きっと積もっていくことがある。
積み重なっていくことがある。

まっさらなキャンバスに絵を描くように。
あなたが好きな絵を描いていくように。

やることはやりながら
ちょっとしたことでも
やりたいことをやっていきましょう。

そして、自分とよく会話すること。
自分の内側をよく見る時間。
わたしは何を思って何を考えているのか?
あなたのいる世界で起こることはヒント。
内側に、こたえはあるから。

外の景色に惑わされず
そのながれてくるほうへ。

 

 

2020年の運気予報

2020年全体が気になる方は、こちらから↓

 

 

10月は心の向かいたい方へ進む 丙戌

10月8日の寒露(かんろ)から、10月の運気のはじまり↓

10月7日までは、いろんなことを整理整頓しましょう(*‘ω‘ *)

  • もやもやを整理整頓
  • 完成できることはさせる
  • うまくいかないことがうまくいくためのヒント

うまくいかない人はうまくいっています。
これからが動き出してくときだから。
なんとなく、迷っていることや悩んでいることに答えをだしていこう!

 

10月の運勢と季節の予定

  • 10月1日(木):中秋の名月
  • 10月2日(金)6:06おひつじ座の満月
  • 10月08日(木):寒露(かんろ)
    ⇒野草に冷たい露がつく頃
  • 10月17日(土)4:32てんびん座の新月
  • 10月23日(金):霜降(そうこう)
    ⇒露が凍って霜が降りる頃
  • 10月31日(土)23:50おうし座の満月

 

自分が向かいたい方へ行く。
そんな単純なことをやってみてください。

こうなりたい、こうしたい。
そんなことを叶えていく10月になりそう。

 

 

10月19日の週の運気予報 戊子32

こころにふと浮かぶのはどんなこと?
あなたが、ふと考えてしまうことや
わすれられない感情や気持ちのようなもの。

今週は、そういう感情や気持ちが湧きあがっていく時間があるかも。
感じることを感じながら、やることをやりながらすすむ。

乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑

全体の流れ

 

感情が流れていく。

 

17日のてんびん座の新月を迎えて
内側がクリアになっていいく時間。

過去の感情や縛られていた何かから解放されていく。
わたしは、わたし。だけど、どこかでひっかかること。
それから解放されて、前に進めるようになる時。

過去にとらわれず前に進むトキ。

  • わきあがることをやる
  • テンション上がるほうを選ぶ
  • 目の前のことをひとつずつやる
  • テンションがあがらないことはなるべくやらない

 

ちょっとした違いは大きな違い。
今週は、ちいさなことを気にしながら
ちいさな変化や、サインをしっかり受け取っていきましょう(*‘ω‘ *)

 

カードでみてみる

3枚引きでみます。

1枚目:過去(どうだった?)
2枚目:今(どうする?)
3枚目:未来(どうなる?)で意味をよみます。

さぁ、今週は、どんなカードがでるでしょうか_(:3 」∠)_
今週は、禅タロットをひきます(*‘ω‘ *)

 

過去からいまのカード:slowing down ゆっくりと

 

見守りながら、油断せず、楽しく、

どんな動機もなく、中心に定まり、

愛にあふれて、流れながら、人は歩く。

 

くつろげる状態。
そんな状態になったようななるような。
過去のカードで出たので
いまそういう状態になっている人も多いかもしれません。

わたしが私らしく生きやすい状態。
その状態で進みましょう、これからへ。

 

今のカード:comparison 比較

 

比較しない

 

あなたはあなただから。
わたしはわたしだって気づくこと。

誰かやなにかと比べることなく。
わたしはわたしとして生きていくことを選ぶこと。
それを、選んでいくこと。

何かと比較することなく
わたしは、わたしの選択をするってこと。

 

未来のカード:postponement 引き延ばすこと

 

心に決めること

 

今週は、決めることがやってきそう。
それは、先延ばしにしても仕方のないこと。
先延ばしにしないほうがいこと。

今週は、決めるとき。
決めても、大丈夫って背中を押されています。
だからこそ、決めることで、すっと動き出すこと。

 

 

カードリーディングまとめ

 

わたし

 

わたしはどうしたいって何度も聞くこと、わかるまで。
誰かに、聴くことではなく、自分にきくこと。
誰かに、聴くことも自分に聴いていることと知ること。

 

わたしは、どうしたい?

 

その答えを自分でだしてくこと。
飛んだり跳ねたりしたくなるような
心が満たされて、自然と笑顔になるような。

あなたのように、わたしも大丈夫に。

 

ゆったりとした時間の中で
わたしは、わたしとむかいあうこと。

それは、向き合うことではなく
向かい合い、合わさること。

わたしは、わたしと合わさる。

どこかで感じていた違和感も
うまくいかない理由も
わたしが忘れてしまったことも

わたしは、いなくならないから。

わたしは、わたしだから。

だから、大丈夫ってこと。

 

 

開運アクション

わたしが決めるがテーマになりそう。

  • わたしが決めるのはどんなこと?
  • 目の前のことをひとつずつやる
  • わたしにできることをやること
  • 背伸びせずに、わたしがやること

 

わたしを見つけていく時間。
お昼の時間から夜の時間へ。

自分は何者なのか?
それを探していく時間。

わたしの価値をみつけていきましょう。
うまくいってもいかなくても
私が決めてやることに意味があるってわかること。

 

おまけ 今週の一冊

今週は、

問題発見力を鍛える

 

 

内容

新型コロナ問題が象徴するような、
何が起こるかわからない
VUCAの時代を生きる人間に必要なのは、問題を発見する力。
問題解決はもはやAIにまかせ、問題発見の思考回路を獲得しなければならない。

自分の頭で考えて、課題を見つけるにはどうするか?

「具体と抽象」「アナロジー思考」「メタ思考」
などを平易に解説してきたコンサルタントによる、これからの時代の思考法の基本レッスン。

  • 「なぜ」をくりかえすことで次元が上がり問題発見になる
  • 具体的に教えてと言われたら抽象的に考えてみよう
  • 常識を疑え、多数派を疑え、経験はむしろ邪魔
  • 「常識にとらわれるな」という人が常識を覆せない
  • 「変える」ことに価値がある
  • アイデアは「遠く」からパクってこよう
  • コミュニケーション上の問題は「具体と抽象」のギャップから生まれる
  • 知識力+創造力で将来の問題を発見せよ
  • 認知の歪みがあることを常に意識せよ
  • 自分の頭で考えるとは「具体と抽象」を往復すること
  • すべてのものを疑ってかかることを考える
  • 「こうなればもっとよくなるのに」と考える習慣をつける
  • とにかく「なぜ?」と問い続けよう。「Why」は何度も繰り返せる
  • 「偏在」「ギャップ」を見つけるのが問題発見のコツ
  • できるだけ「遠く」から、できるだけ「意外な領域」からパクれ
  • それは具体なのか、抽象なのかという問いを常に持つ
  • そもそも問題とは、ギャップであり歪みである
  • 「そんなの常識だ」と言う前にその理由を考える
  • 自分が見ている風景と他人が見ている風景のギャップを見る
  • 物事を一つ上の視点から、自分自身を上空から見てみよう
  • 見えない抽象観念に上がっていくのが「自分の頭で考える」ということ
  • 問題発見力は「鍛える」より「必要以上に殺さない」ほうが重要
  • どんな子供も問題を見つける思考回路を(最初は)持っている
  • 会議中スマホを見る人、時間を守らない人を怒ってはいけない
  • 文句ばかり言っている人は意外に貴重
  • 「何か考えて提案して」と上司や顧客に言われたら上位目的を考える
  • 新しいビジネスの多くは「偏りの解決」がヒントとなる

など、VUCAの時代に人間力を高める考え方を指南する。

目次より
第1章:なぜ問題発見力が問われる時代になったのか
第2章:問題発見は常識を疑うことから始まる
第3章:問題発見とは新しい「変数」を考えること
第4章:「ギャップ」に問題発見のヒントあり
第5章:「具体と抽象」を駆使して自分の頭で考える

 

 

個人的感想

 

これは、わかりやすい!!!!

(先週わかりにくさの大切さみたいな本を紹介しながら)

 

僕たちの生きている世界では

  • 問題があり答えもある
  • 問題はあるが答えはない
  • 問題も答えもない

この3つのものが存在します。
わかることだけをわかろうとすることではなく

常識を疑い、答えを見つけること、
わからない答えを見つけられるようになるように思います。

 

与えられた試練だけでなく

問題を自分で見つけられるようになること。

 

そうなると、今までとちょっと変わって
わたしは、楽しめるようになるかもしれません。

 

こういう変化のときだからこそ

答えのない問題。
問題すらまだ誰も気づいていないこと。

そういうことに自分で気づいて
自分で考えていきていけるようになること。

そうなると、

自分でできることも増えて楽しいのかもね。

 

おわりに

人にあうことあわないこと。
こんなときだから、なかなか人に逢う機会も減っているかも。
それでも、最近は、少しずつひととあえるように
なってきたのかもしれません。

注意することは注意しながら
あたらしい生活をはじめていくこと。

これまでを取り戻していく
というよりは、あたらし生活をはじめる

そんな感じかもしれません。
もちろん、”取り戻す”って部分もある。
だけど、この変化の流れの中で
戻るよりは、この先へ。

今回の変化の中で
あたらしい発見があった人も多いと思います。

今までがよかったのか
本当は、なにがよかったのか?

そういうことを考えるきっかけにもなった。
だから、その上で、今までを踏まえて
これからどうしていこうかって話をしよう。

今までできなかったことも
これからは、できるかもしれない。

これまで大切に思っていたことと
これからのものが違うかもしれない
それは、それでそういうこと。

いまのわたしを大切に。
いまいる周りの人を大切に。
これからへと、進んでいきましょう(*‘ω‘ *)

 

僕もそうですが
どこかでいつも正解のようなものを
求めているし、探している

それは、そういうものだとおもう。
悪いことではなく、それが生きるということかも。

だけど、求める程に見つからないってことも多い。
だから、大丈夫、ときには両手を広げて手放して。

ふっとしたときにみつかるわかる。
だけど、ぐっとしてたからふっとできるわけで。

今まで、ぐっとこらえた日々も必要だったんだなって
そう思えることが、成長したってことかもしれません。

 

今週もあなたに

ほっとする瞬間がありますように(*‘ω‘ *)

ゆういち

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2020 All Rights Reserved.