~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

[20200727週報]たのしいがはじまる時間

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆういちです(*‘ω‘ *)

7月も、もう終わります。
2020年は、いろんなことが急展開で、じんわりと
動いていき、変わってくような感じがします。

自分にできることをやること
自分がひかれることをやること
誰かといっしょにやること

そんなこと。

7月がおわり、
すこし時間の流れも変わっていくように感じます。

年明けから、特に最近は
もやもやした感じを感じていた人も多いかも?
それも、やっと抜けていく感じもあります。
まだ、わかりませんが。

これから、どうしていくか?
これから、どうしていきたいか?

今までとは、少し違う感じで
でも、大事なことは、変わらない感じで(*‘ω‘ *)

では、今週もはりきっていきましょう!

 

2020年の運気予報

2020年全体が気になる方は、こちらから↓

 

7月の全体の運気の空模様 癸未

2020年7月の運気の流れはこちら↓

 

しずかにはじめてく。
シンプルにしていく。

そんな7月。

 

2020年のゼロのはじまり。
そんな、はじまりを感じている人感じはじめた人もおおいかも。
できることをやっていくこと。
やりたいことをやるためにできることを増やすこと。

必要なことをやること。
これからはじまることをはじめること。
やめることとはじめること。

 

6月21日夏至を迎えて
何か感じた人も多いかもしれません。

夏至の記事はこちら↓

 

夏至から7月7日の七夕まで
いろいろと、過去が浄化されていく時間。
過去に囚われずに、進めるように。
いろんなことをクリアにしながらイキマショウ。

ともにすすむこと。
とっぱらってすすむこと。

 

 

7月20日の週の運気予報 辛未8

晴れ時々雨。

雨のち晴れ。

今週は、目まぐるしく変わる天気の様に
あなたの心模様も、変わっていくかもしれません。

その変化を、敏感に感じ取ってみてください。
それが、これからへ進むヒントになります。

辛未 壬申 癸酉 甲戌 乙亥 丙子 丁丑

 

全体の流れ

たのしいとかんじる瞬間。

 

ふと、たのしいなぁと感じること。

あぁ、これこれって。

そんな瞬間が今週はありそう。

 

むずかしいことを考えるよりもやってみること。
どんなときも、どんなことも、その瞬間を、たのしむこと。

その瞬間には、わからなくてもわかります。
たのしむ、というエネルギーが今週は、僕たちを運んでくれそう(*‘ω‘ *)

  • たのしむ
  • ちからをぬく
  • 海へ行く

 

カードでみてみる

3枚引きでみます。

1枚目:過去(どうだった?)
2枚目:今(どうする?)
3枚目:未来(どうなる?)で意味をよみます。

さぁ、今週は、どんなカードがでるでしょうか_(:3 」∠)_
今週は、禅タロットをひきます(*‘ω‘ *)

 

過去からいまのカード:politics 政治

 

嘘をつくのをやめる。

仮面の下の顔をだす。

それを、しっかりみなおすこと。

 

自分に正直になる、そんな瞬間があったかも?
また、いまは、そうなる必要があるのかもしれません。

 

今のカード:Ordinariness 日常

 

日常をたのしむ

 

当たり前に思えるような事。
そんなことを、たのしむ時間。
それで、大丈夫。

それが、これからを運んできます。

 

 

 

未来のカード:Inner voice こころのこえ

 

こころのこえをきいて

 

これから先、迷うこともあるかもしれません。
そういうときこそ、ここのこえをきくこと。

自分の中の、もうひとりの自分の声。
その声を、聞き逃さないこと。

自分のこえをしっかりきいて。

そうすると、誰かの声もよくきこえるかもしれません。

 

 

カードリーディングまとめ

 

自分に正直になること。

日常をたのしむこと。

その延長線上。

 

これからは、
自分に正直になる時間。
自分に正直になっていい時間。

本当は、こうしたかった・・・
みたいなことが、できるようになっていく時間。

これまでの、酸いも甘いも
今この瞬間のためにあったのかもしれない

そう思えることもあるかもしれません。

 

 

開運アクション

たのしむがテーマになりそう。

  • 続けることを楽しみながら続けること
  • 当たり前を、たのしむ
  • 好きでやること、義務でやること。

たのしみながらつづけるのが鍵。

たのしくないとつづかないもの。
そして、やりたいことがいつしか義務になっているかも?
そういうことを見なおしてみて。
たのしくできることに、ヒント有。

 

おまけ 今週の一冊

今週の、一冊は、、、

ハーバード流こころのマネージメント

 

ハーバード流系統の本ですね(*‘ω‘ *)
こういう系は、気になって昔から見てしまいます。

 

内容

時間、情報、あらゆる刺激に追い立てられる毎日。
将来に対する不安、ままならない人間関係、悩みの種も尽きない。
もはや、理性ですべてをコントロールするのは難しい。

いまこそ、こころのマネジメントが必要だ。

『ウォール・ストリート・ジャーナル』ベストセラー1位、
米アマゾン「ベストブック・オブ・ザ・イヤー」(2016)、
『USAトゥデイ』ベストセラー選出。

世界最高峰のマネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』年間最優秀経営アイディア。
ハーバードに研究所を置く著者の20年にわたる研究成果が、ついに完成!

 

著者について

[著者] スーザン・デイビッド(Susan David)
心理学者。ハーバード大学医療大学院講師。
ハーバード大学医学部マクリーン病院のコーチング研究所を創設。
エビデンス・ベースト・サイコロジーCEO。

『ハーバード・ビジネス・レビュー』『ニューヨーク・タイムズ』『タイム』『ワシントン・ポスト』『ウォール・ストリート・ジャーナル』など寄稿多数。

[訳者] 須川綾子(すがわ・あやこ)
翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業。
訳書に、『人と企業はどこで間違えるのか?』『レジリエンス 復活力』(ダイヤモンド社)、『綻びゆくアメリカ』『退屈すれば脳はひらめく』(NHK出版)、『子どもは40000回質問する』(光文社)、『戦略にこそ「戦略」が必要だ』(日本経済新聞出版社)などがある。

 

個人的所感

こころをどうあつかうか?

それは、個人的にも気になるテーマで
普段の生活の中、僕の場合、、、というより
多くの人も、仕事で、こころをどうあつかうか?
というのは、隠れたテーマのように思います。

人は、ひとりでは生きていけないし
ひとりで、仕事を進めていくこともできません。

その中で、チームや家族や友達、、、
そういう人との関わり合いの中で

こころをどうあつかうか?

それは、自分のこころもそうだし
誰かのこころもそうかもしれません。

こころというみえないもの。
感情や意識や、精神的ななにか。

 

本書では、まずは

自分との向き合い方

が、感情の敏捷性(EA:Emotional Ability)として書かれています。

感情の敏捷性(EA:Emotional Ability)とは?

いまこの瞬間に身を置き、
自分の目標や価値観にあった生き方をするために行動を変え
また、行動を貫くことを可能にするプロセスを意味する。

これは、面倒な感情や考えを無視することではない。
そういった感情を緩やかに抱き、勇気をもって向き合い、
そのうえで、人生における重要な目標を達成するべく、
さらに先へと足を踏み出すことに他ならない。

具体的には、4つの基本的なステップがある。

  1. 向き合う
  2. 距離を置く
  3. 理由を考えながら進む
  4. 前進する

ー本書、一部抜粋

 

ステップバイステップで書かれているので
わかりやすいし、実践しやすいと思います。
また、事例とともに、書かれているので、イメージもしやすいです。

気になる方は、詳しくは、本書をお読みください(*‘ω‘ *)

 

おわりに

あなたが、誰かに対して思うことは
それは、あなたが自分自身に対して思うこと。
そういうことは多いです。

誰かに何かを、求めすぎてしまうときは
一度、自分と向き合ってみてください。
自分に、その言葉を向けてみてください。

それは、誰にでもいえること。
立場や、状況は関係なく。
自分にできることを探すこと。

それが、状況を変えていくための鍵になりそう。

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2020 All Rights Reserved.