~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

【2020年4月の運気予報】こんなときだから。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆういちです(*‘ω‘ *)
4月です。新学期、新年度を迎えている人も多いと思います。
ウイルスで色々と影響も出ているかもしれませんが。

いまは、不安になることも多いかもしれませんが
日々、僕たちが、自分にできることをやりましょうね(*‘ω‘ *)

 

2020年と3月

3月まで、色々と向き合うことが多くて
気の重い日々を過ごしていた人も多いかもしれません。

それも、4月から抜けていきそうです。
が、それと同時に、”いまの状態が大きく動き出す”ので
いろいろと、注意することも必要そうです。

 

 

2020年は、

”試されること”が多そうです。
そして、その中で、自分はどうしていくのか?
選択をせまられることもありそう。

 

あせらず
こわがらず
一歩ずつ丁寧に

すすんでいきましょう。

 

4月の運気予報 再出発

冬の肌寒さを少し感じながらも
桜は咲き、春のあたたかさを感じている人も多いと思います。

その中で、なにをいまするのか?
春になり、動き出すぞ!という気持ちの中で
なにをしていくのか?

 

4月のテーマは、

チームで協力して突破していく

です。

 

あなたは、どんなチームに属していますか?
あなたは、そこでどんな役割ですか?
あなたが、あらたにできることはありますか?
あなたは、あなたというチームとうまく協力できていますか?

そんなことを考えて、動いてみてください。

 

 

それは、窓をあけて
気持ちいい風を部屋にいれるような
そんな動き。

窓をあけるのは、だれ?
その風を、吹かせるのはだれ?

 

もしくは、風なんていう生ぬるいものではなくて
ずばっと、刀でなにか断ち切るような必要がある。
そんな状況や、ひともいるかもしれません。

庚辰

4月の開運アクション

4月は、新しい季節のはじまり。
雲一つない、そんな晴れ空とはいかないかもしれません。
ただ、そのくもひとつひとつを自分でどけることで
太陽の光をみつけていく、そんな時間になりそうです。

 

見なおしとあらため

4月は、一度、状況を振り返って見直しをしてみましょう。
いま、ここで、あらためておく必要があることがありそうです。

ちいさなことから、おおきなことまで。
人によって、状況は違うかもしれません。

 

わたしが、あらためる必要があることはどんなこと?
チームとしてあらためる必要があることはどんなこと?

 

誰かと協力してやる

ひとりでやるよりも、人と協力することで
進んでいくことが多い月になりそうです。

 

ひとりじゃ気づけなかったことに
誰かと一緒にいると気づけるかもしれません。

 

あなたにとって当たり前のことは
誰かにとって当たり前じゃないかもしれない。

誰かにとって当たり前のことは
あなたにとって当たり前じゃないかもしれない。

それは、大切なことも、そうじゃないことも。

 

自分の意思で決める

誰かと協力していく中で
自分は、自分で、決めること。
そんなこともありそう。

誰かと決めること。
自分で決めること。

 

 

力強く、決めるような

ふっと、心に決まるような

 

 

おわりに

2020年も、4月がはじまりました。
日本では、令和という時代がはじまり
今年は、2年目となります。

世界で、いま、ウイルスが流行っており
大変な状況になっています。
自分だけの力ではなんともならないこともあるかもしれません。
それでも、僕たちは、自分にできることをやるしかありません。
こういう時だからこそ余計に。

 

今だからこそ、できることがあるかもしれません。
今だからといっても、いつもとかわらずに過ごすことが大事かもしれません。
あなたは、いま、どう感じていますか?

こういうときほど、自分で考えて、感じて
なにかに、惑わされることなく、”自分にできること”をやる必要があります。

情報化社会になったことで
情報から、自由になることよりも
情報に縛られたり、情報に惑わされる人も
増えているかもしれません。

何が正しいのか?
真実はなんなのか?

そういうことが見えにくくなっているのかも。

あなたには、なにがみえていますか?

 

あなたは、何を信じていますか?
あなたは、”それ”を信じられていますか?

 

ひとりだとおもってもひとりじゃない。

大丈夫。

あなたの、まわりには、いつも誰かがいます。
そのひとたちと、協力して進むこと。

 

おまけ

僕たちは、”受け取っているもの”を忘れがちです。
忘れがちというか、気づいてもいないかもしれません。

いま、大変なときだからこそ
じぶんに、できることをやるという・・・

その前に

自分は、いま何を受け取っているのか?
いままでに、何を受け取ってきたのか?
ということ、振り返ってみる、考えてみる
そんな時間をつくってみるといいかもしれません。

できれば、ひとりの落ち着いた時間。

 

あなたは、だれから何を受け取ってきたでしょうか?

親から、兄弟姉妹から、友達から、
先生から、先輩から、後輩から
隣のいえのおばちゃんから
親戚のおじさんから

たくさんの人との関係性の中で生きてきたと思います。
あなたは、何を受け取ってきましたか?

 

それを、あらためて認識すること。
そして、今度は、自分が誰かに与える番。
できることから、ちいさなことでも。
その循環をうみだすこと。

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2020 All Rights Reserved.