~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

[20200518週報]おわり、またはじまる物語をみつけよう。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ゆういちです(*‘ω‘ *)
5月中旬がはじまっています。

ウイルスの影響も1段階目は少し落ち着きそうです。
が、まだまだ油断はできません。

というよりは、落ち着くとは言え
これから変わっていくこと変えていかないといけないことがあります。

それを、ひとつひとつ向き合いながら
行く時間となっていきそうです。

生活様式や、生活の仕方これからをどういきていくか?
生きるというのはどういうことなのか?

生き延びるということと生きるということ。
命と経済のことを考えるということ。

ということも変わる可能性があるので
わたしたちはどう生きていくのか?
考えていかないといけないですね。(*‘ω‘ *)
というよりも考えてみるいい機会かもしれません。
変わる人は変わり変わらない人は変わらない。
変化に、ついてくこと、その前に変化していくこと。

先をみるということと
いまのこの瞬間を大事にしていくこと。

 

2020年の運気予報

2020年全体が気になる方は、こちらから↓

 

5月の全体の運気の空模様 庚辰

2020年5月の運気の流れはこちら↓

 

動き出していくトキ。

あなたは、今何を感じていますか?
って、急にあつくなって体調崩している人もいるかもしれません。

今年は、カラダには気を付けて過ごしましょうね。
また、それと同時に心も。

 

 

5月18日の週の運気予報 辛酉58

終わらせてはじめていくそんな時間。

5月23日(土)2:39ふたご座の新月です。
いまは、満月から新月へと向かっている時間。

そして、ウイルス関係も終息(まだ続く)から新しい展開へ。
何をおわらせてなにをはじめていくのか?

これまでと同じで良い事と変える必要があること。
何かを待つよりも先に、自分で気づいたことからやっていくこと。

辛酉 壬戌 癸亥 甲子 乙丑 丙寅 丁卯

 

全体の流れ

終わらせる。
今週はそんな時間。

あなたが、終わらせることとはじめること。
まず、おわらせるということ。
おわらせないと何がはじまるかはわからない。

まずおわらせることからはじめよう。
そうすると、次は自然と見えてきます。
先を観すぎると不安になるかもしれません。
いまは、いまできることをしっかりとやること。

 

ながれの終わりを感じること。
そしておわらせるということ。

それと同時にやってくる
新しい展開や、あらたなことをうけいれてはじめていくこと。

 

  • おわらせる
  • 隙間を開けて
  • 受け取る
  • はじまる

 

 

カードでみてみる

3枚引きでみます。

1枚目:過去(どうだった?)
2枚目:今(どうする?)
3枚目:未来(どうなる?)で意味をよみます。

さぁ、今週は、どんなカードがでるでしょうか_(:3 」∠)_

 

過去からいまのカード:GUIDANCE(導き)

「このガイドがやって来ても、
私たちは背後にいる二番目の人物のように、
少し信頼が欠けてしまうことが時々あります。
それは、私たちが内側からではなく
外側からきっかけをつかむことに慣れてしまっているからです。」

 

もちろん、きっかけは外から、、、
と思いがちですがその前に
確かに内なる気づきがあるのかもしれません。

 

僕たちは、”メッセージを受け取ろう”
とすることに意識が行き過ぎて
メッセージを発している内側への感性が鈍っているのかも。

 

僕たちが僕たちを信頼すること
僕たちが僕たちを信頼すること
(大事なことなので2回言いました)

 

僕を信頼する。
”僕たち”を信頼すること。

 

あなたは、信頼できていますか?
その声を、そのメッセージに気づいていますか?

 

最近そんなメッセージを受け取るときがあったかもしれません。
それは、ふとした瞬間、寝ているトキの夢や、誰かの声。

 

 

今のカード:SOURCE(源泉)

「源泉のエネルギー。」

源泉に繋がること。
自分自身の中心に繋がること。

そして、その自分だけのエネルギーを受け取ること。

 

そういうことが今必要なようです。
また、いまそういう時間のようです。

なにか、そういったインスピレーションのようなものを
受け取っている人もいるかもしれません。

あなただけが受け取れるもの。

 

インスピレーションは誰でも受け取れるのですが
あなただけが受け取れるそれがあるようです。

 

誰かじゃなくてあなただけ。

 

それは、あなたがやることとも関係してくるかもしれません。

 

繋がるポイントは
アタマじゃなくて心で繋がること。

 

 

未来のカード:THE MASTER(マスター)

 

「あたらしいステージへ」

 

すべてがおわり新しいステージへ行くトキのようです。
このカードはそんな感じ。

一番最後の特別なカード。
全ては完璧だと伝えています。

次にイキマショウ。

 

 

カードリーディングまとめ

5月23日(土)2:39に
ふたご座の新月です。

キーワードは好奇心とコミュニケーション。
それをうまくつかってこれからを見つけていきましょう。

干支の流れでも20日でひとつの流れが終わり
23日からまた新たにはじまるという流れがあります。

いまは、まずおわらせること。
そうすると、自然と次のインスピレーションが下りてきます。
降りてこなければまだ終わっていないということ。

終わっている人は、既に降りてきていると思います。
それを、しっかりやっていきましょう。

 

すべてに意味があって
いまそれだということ。

いまこうだということにも意味があって
うまくいくいかないとかそういうことを超えて
これからどうなっていくのか?

ある意味で次に行くのかとどまるのか。

全体の流れとしても
新しいほうへ、という流れがあるので
次に生きたい人は、その流れにのっていきましょう。

 

 

開運アクション

今週は、何度も書いたように
おわりがテーマになりそう。

  • おわりを感じよう
  • まずおわらせること
  • おわらせたあとに次を感じること。

 

おわらせるというのはなかなか難しいことかもしれません。
ひとつ区切りをつけるという考え方でも、、、よくなくて笑
いまは、できるだけしっかり終わらせるほうがいいです。

次は、まったくあたらしいステージが待っていそうなので。
これは、もちろん人によって状況によっても
その”あたらしさ”は違うかもしれません。

ちょっとの違いかもしれない。
でも、それが実は、これからにとっての大きな違いになりそう。
多くの人にとって。

状況も状況なので
不安なのはありながらも
その中で、できることを
不安の中でもやっていくこと。

 

 

おまけ 今週の一冊

今週の、一冊は、、、

ヒトの目、驚異の進化

著者:マーク チャンギージー

 

目次

視覚ー進化ー脳をめぐる、最新の発見や考察をとおして、
ひとの目の驚くべき4つの能力を解き明かす!

::養老孟司氏、絶賛! ::
見ることに関心がある人だけでなく、「自らを知りたい」人に、ぜひ読んでもらいたい。
ーー『毎日新聞』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ、ひと(霊長類の一部)は、カラフルな色覚を進化させたのか?
なぜ、ひとの目は、横ではなく前についているのか?
なぜ、ひとの視覚は、錯覚に陥るようにできているのか?
なぜ、ひとの脳は、人工的な文字をうまく処理できるのか?

・・・視覚ー進化ー脳をめぐる、最新の発見や考察をとおして、
ひとの目の驚くべき4つの能力を解き明かす!

著者のチャンギージーは、下條信輔氏との共同研究によっても知られる
進化理論神経科学の旗手だ。

「私たちの日々の視覚認識について、まさに革命的な考察をしている」
ーー下條信輔(カリフォルニア工科大学教授、『サブリミナルマインド』などの著者)

視覚から「人間とはなにか」を探究する、知的興奮の書!

::著者::
マーク・チャンギージー
カリフォルニア工科大学・理論神経生物学の特別研究員、レンスラー工科大学・認知科学学部の准教授を経て、
現在、認知・知覚の基礎研究を進める研究所2AI Labsの主任。
チャンギージー博士の研究は、数多くのメディアや書籍で紹介されている。

::目次::

第1章 感情を読むテレパシーの力 ●カラフルな色覚を進化させたわけ
・なぜ霊長類は色覚を進化させたのか・・「裸のサル」だと良いこと・・女性に色覚異常が少ない理由

第2章 透視する力 ●目が横ではなく、前についていると便利なわけ
・リスに変えられて、チンパンジーに追われたら・・見通しの悪い環境に適したデザイン・・前向きの目はどこが有利なのか

第3章 未来を予見する力 ●現在を知覚するには、未来を見る必要があるわけ
・反応の遅い脳のほうが高性能・・サンショウウオの凄い視覚・・・非ユークリッド型の現在・・錯視の大統一理論

第4章 霊読(スピリット・リーディング)する力 ●脳が文字をうまく処理できるわけ
・書き言葉のトリック・・単語は、ものに似ている・・文字の平均画数は、なぜ三か?・・チューリングマシンと表記の発明

::絶賛の書評::

サイエンス本が持つべき美点の全てを兼ね備えている・・2012年のNo.1
ーー村上浩『HONZ』

従来とはまったく異なる視点から視覚のメカニズムを探る画期的研究
ーー谷本束『週刊朝日』

 

個人的感想

ヒトの目の力。
僕たちは、あまりに当たり前でわかっていないのかもしれない。

それは、スピリチュアルなことじゃなくて実は当たり前の力。
みるということをもっと意識して使いこなすといいかもしれない。

そして、それは目だけじゃなくて
僕たちはもっと僕たちの力を使いこなすこと。

みようとしないとみえないし
きこうとしないときこえない
つかおうとしないとつかえない力を
僕たちは、もともともっているのかもしれない。

 

 

 

おわりに

おわりですねぇ。

これからどうなっていくのか?

たのしみですか?不安ですか?
あなたはなにをどうかんじていますか?

じつは、それがすべてです。
自分がどう感じているのか?
自分はどうしていくのか?

この世界は、”わたし”を中心に動いているということ。
もちろん、それには、いろんな意味がありますが

なんでもいいという意味よりは
自分の世界は、自分が主人公で自分視点の物語。
役割や役目はいろいろ。

それを、どうえがいていくか?
どんなモノガタリにしていくかは自分次第ということ。

できることとできないことを
うまく、超えていきながら。

そうそう、これってことをみつけていくこと。

 

重力をこの地球で感じながら
生きているという実感とそれを超えて何かの中で

目覚めるということ。
いきているということ。

 

そうそう、ひさしぶりに座禅をはじめました。
毎朝、座ってます。

 

瞑想と座禅の違いは(知り合いの住職さんにお聞きしました)

 

瞑想は、目的をもってやること。
座禅は、目的なくやること。

そして、座禅は、動ける座禅が最終目標。
座禅は、半眼という目を半分明けた状態でやるのでね。

 

ひさしぶりにやると
いろんなことが頭と心を通り過ぎていって
スッと、肩の荷が下りたような気がしました。

 

そして、いろんな思いの中で
自分が、そうそうこれがしたかったんだ
その中で、できたことできなかったこと

うれしかったことくやしかったこと
いろんな感情をかんじました。

 

来るべき日の為に

これからも、自分にできることをやるしかなくて
その中でも、やりたいことをやるということと
この世界に求められていることをやっていくこと。

僕たちと世界が期待することを。

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2020 All Rights Reserved.