~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

秋分の日に想うこと。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

 

秋ですね~(*‘ω‘ *)

ゆういちです。

 

今日は、秋分の日。

昼と夜の時間が同じ日。
今日から、夜の時間が長くなっていきます。

今日は、秋のお彼岸でもあります。

 

今日という日に何を感じて何を想ったのか?

いま、こういう話を読んでふとした瞬間に何を想うのか?

 

 

秋分の日

 

2019年の秋分の日。

本日は、16:50に秋分点を迎えました。

 

 

ここ数日、体調を崩す人も多かったかもしれません。
季節の変わり目、運気の変わり目を
敏感に感じ取る人は、カラダの変化も促します。

 

今日、その時間あたりになにを感じたのか?

ここ数日と、これから数日で

 

何か、変化を感じることがあるのか?

 

そういうことに、目を向けてみるといいかもしれません。
そういうことに、意識を向けてみてもいいかもしれません。

 

普段、ぼくたちは、思って言う以上に

物事を、みてないし、感じていないかもしれません。
そういうわけではないですが、何かしらの固定概念で
日々を、生きていることがおおいかもしれない。

だから、こそ、たまには

いつもとは、違う視点と感情と心で

自分のことをかえりみる時間というのは大事です(*‘ω‘ *)

 

 

秋のお彼岸

 

お彼岸は、春と秋の年に2回あります。

そもそもお彼岸とは、ご先祖様がいる極楽のこと。
それの対岸として、わたしたちがいる世界を此岸(しがん)といいます。

春分の日と、秋分の日は
昼と夜の時間が同じ日となります。

太陽が真東から登って、真西に沈みます。
これから、彼岸と此岸がもっとも通じやすい日と考えられていました。

 

また、

春には、五穀豊穣を祈り

秋には、収穫を感謝する

 

日本は、先祖崇拝と太陽崇拝、自然信仰、、、、
それらが、合わさってお彼岸という文化は定着したようです。

 

お墓参りにいって
おはぎでも食べるのもいいですね。

 

今日という日に想うこと

 

毎日は繋がっていて
今日だけ特別ということはないですが・・・

いつもを当たり前に同じように過ごしていると
気づけることも見逃している、かもしれません。

だから、ときには、振り返り、感じること。

 

今日は、秋分の日という少し特別な日。
ひとつひとつの日に意味があるかもしれないしないかもしれない。

でも、

昨日という日があるから
今日という日があるわけで
今日という日があるから
明日という日があるのかもしれない。

 

あなたは、今日という日に

何を想って、過ごしましたか?

少し振り返っててみてください(*‘ω‘ *)

 

今日という日を。

 

そして、今日までという日々を。

 

 

おわりに

 

時間というのは不思議だなぁと思います。

同じ時を過ごしていても
同じことを感じているわけではないし
同じ場所にいても、同じように過ごしているわけでもない。

時間というくくりでは

同じ、時空間にいるかもしれない。
でも、もしかしたら、そうでもないかもしれない。

 

時間というものは不思議だなぁって思う。

 

あなたは、どんな時間を過ごしていますか?

あなたは、どんな時間を過ごしてきましたが?

あなたは、どんな時間を過ごしていきますか?

 

太陽はいつも同じ?
月もいつも同じ?
地球もいつもあなたにとっておなじそんざいですか?

 

今日もありがとうございます。

ゆういち

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2019 All Rights Reserved.