世界が味方になる、世界の観方。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 道半ば、旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

こんちは!ゆいちです。

WPのサーバーを移管していたら・・・
データをちゃんと移行できてなくて、サーバーが表示されない状態が続いていました。(約5日間)

というわけで!!!
おそらくちゃんと復旧したので、今日からまた記事を書いていきたいと思います。( *´艸`)

今日は、世界を味方にする世界の観方。

世界は、敵でも味方でもないのですが、あなたがどう見るかで『見え方』は変わってきます。

だったら、

  • 敵だらけの世界
  • 味方のいる世界

 

どちらがいいでしょうか?
ま、好みはひとそれぞれだと思いますが、味方が世界の多いほうが生きやすいと思うので、今日は、そんな話が出来たらいいなと思います♪

では、行ってみよう!!!

 

世界ってどうなっているの?

 

まず、前提として、この世界がどうなっているか?
まぁ、まだ誰も解明はしてないし、『確認中』ではありますが、

最新の量子物理学では、

『観測者』と『観測されるもの』

があって、『観測されるもの』は『観測者がみたいようにみえる』ということ。

つまりは、あなたがこの世界をみてるからこの世界がある。
そしてそれは、『あなたが見たい世界』

ということです。

そんなことないだろ!って部分と、確かにそんな気がするって部分があると思います。
それは、『確認中』ということですね。

 

宇宙の法則、物理法則、ルールや規則

 

そんなこといったって、

僕たちは、宇宙の中で地球という『ルール』があり生きているやん。

重力はあるし、呼吸をしないと生きていけない。

 

そう、見たいようにみれる部分と

変わらないように思える、法則やルールはあります。

 

世界をどうみるか?

 

結論から、言えば最初に言ったようにみたいように世界は見れるわけだから見たいように見たらよい。

だけど、多くの人は、無意識化で世界をみているから、自分が思っているとか考えていることよりも
その、奥底にある無意識が反映されやすい。

たとえば、

 

意識(考えていること)

潜在意識(無意識におもうこと)

集合意識(みんなが思ってること)

 

この順番で、下に行くほど強くなります。
さっきの法則の話にも戻りますが、一番強いのは、酒豪集合意識です。

なので、重力があるとかなんとかってのは(本当はもっと奥の超意識とか)そこになります。

だから、個人間では、そこは変えにくい、かえられない。
なので、そこは、どうこうしようとかなくてよし!

あとは、特例として、個人の意識は、『瞬発力的に』何よりも強い力を発揮することがあります。
(超能力系はもしかしたらそういうことかもしれません・・・)

 

まず、自分が世界をどうみているか知ること

 

はい!というわけで、戻ってきましたが
結局は、自分が世界を見ているわけなので、

自分がいま世界をどう見ているかを知ることが

とっても

大切なことになってきます。

  • ポジティブ?
  • ネガティブ?
  • 世界は優しい?
  • 厳しい?
  • 楽しい?苦しい?

 

自分が、この世界に対して(または自分の考え)思っていることを書き出してみよう。

10分とかでもいいから(本当は10分以上かな)、時間を決めて、書き続けること。
かけるだけ書いてみてください。
誰かに見せるわ絵でもないので、とにかく思ったことを書いてみる。

書くという行為は、無意識に繋がりやすいです。
ただ、繋がるのに少し時間がかかるので、できれば10分以上書いてみてください。

または、

 

『自分はこの世界をどうおもっているか?』

 

という質問を、ふとした瞬間に思い出して、ふとした瞬間(無意識)に思いついたこと、思い出したことも
大切な、自分の内側からのメッセージとなるかもしれません。

 

ポジティブに見える人がポジティブ・・・とは限らず
ネガティブに見える人がネガティブ・・・とも限りません。

僕たちが見えているものと、内側の世界は逆であることも往々にしてあります。

こころあたりもありますよね。

 

自分の中のギャップに気づく

 

いつも自分が気になっていること、意見していること。
それが、反対だったと気づくことがあったかもしれません。

それが、世界を自分のみたいようにみる、最初の一歩です。

僕たちは、思い通りに生きたいと願いながら
まったくそうではなく、むしろ反対の生き方をしたりしてしまいがちです。

なんででしょうか?
それは、それが人間だからかもしれません。

もちろん、ひとによって個人差はあります。

思った通りにしかならない人
思った通りと反対にしかならあい人
あとは、程度の差はあれ。

まず、自分で自分の中のGAPに気づくこと。

そして、それを埋めていくこと。

好きだと思っていたことが嫌いだったと気づくかも?
逆に、嫌いだと思ってたことが好きだと気づくかも?

敵だと思っていた人が味方だときづくかも?

気づきは人それぞれ千差万別。

これは、誰かに教えられるものではなく自分で気づくもの。
教えられるのも可能だけど。
自分での気づきとのパワーは全く変わってくる。

自分で気づこう。

もちろん、気づくためには、誰かの助けは必要。
その、誰かからのメッセージをしっかりと受け取りましょう。

 

 

ひとつである世界に生きる分裂した僕たち

 

はい、世界のはじまりはいろんな説がありますが・・・

ひとつの理論として(めちゃ端折ると・・・)

無からひとつのビックバンでひとつのものがちりじりばらばらになった。
そして、そのちりじりばらばらになったものは、

また集まっって一つになったり
また爆発してバラバラになったり

を繰り返す。

そう、まるで僕ら人間みたいに

誰かと一緒になったり離れたり。

潜在的な深い部分では、きっと

ひとつになりたいという希望と欲求があるのだと思います。

 

だから、僕たちは、バラバラに生まれてきた、ひとつになるために。

そして、その過程は、人それぞれ『楽しみ方』があるのかもしれません。

すぐひとつになったり、

くっつたりはなれたりしたり、

ぶつかりあいながらひとつになったり。

 

それは、人を見てるとわかると思いますが人それぞれ。

 

もし、あなたが今、ひとつになりたいと思うなら。

ひとつであるという前提で生きていくのが一番の道かもしれません。

わたしはあなたで、あなたはわたし。

わたしの問題も、あなたの問題も同じ。

だとしたら、相手のことも自分のことに対しても優しい気持ちになれるかもしれません。

 

 

変えられるのは自分だけ

 

そう、この世界の『観測者』はあなたです。

つまり、あなたが『そうみる』から世界はそうなっているわけなんです。

だから、この世界を変えられるのはあなただけ。

誰かにやさしくできるのも。

 

どんな世界を創りますか?

 

世界をどこまで見ているかで影響力も変わってきますが

あなたは、どんな世界を創りたいのか?

どんな世界が理想ですか?

 

ちょっと考えてみてください。

そうすることで、少し高い所から、見えてくることがあるかもしれません。
そしてそんな世界だと『あなた自身』は何を感じるでしょうか?

そうすることで、あなたの深い部分から湧き出てくるものが見つかるかもしれません。

高い所から内側の深いところから

両面から見ることでみえてくるもの。

 

そこに、あなたが求めるものがあるはずです。

 

今までみえていたものみえていなかったもの含めて。

また、新しい自分と出会えると思います。

 

遠くを見ながら、日々を丁寧に大切に生きること。

未来に思いを馳せながら、今日、イマという瞬間を全力で生きること。

そのひとつひとつがつながっているから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 道半ば、旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2017 All Rights Reserved.