~問合せはこちらから~

人生の地図とコンパスが見つかる

疲れた時にやってみて、簡単な瞑想法。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、

簡単にできる瞑想のお話。

ちょっと、やるだけで疲れが取れる!

ちょっとした休憩、

ちょっとした合間、

ちょっとした・・・でできる瞑想法の紹介!

 

瞑想とは。

今日は、あんまり、この話は、しませんが・・・笑

何個か種類があって、、、なんですが
その話も、今日ははしょります!
今日は、端的に単純に(∩´∀`)∩

Google先生が簡潔な答えを知ってました・・・

 

めいそう
瞑想
《名・ス自》
  1. 目を閉じて静かに考えること。眼前の世界を離れてひたすら思いにふけること。

     「―にふける」

 

そう、目を閉じて考えること!それだけ!!!

 

瞑想とは、もう少しだけ詳しく。

もうちょっと、短時間で効果的に瞑想する方法をお伝えします。

瞑想は、基本的には、

1、目を閉じる

2、出てくる想いや思考をそのまま感じる
※ここ大事

そう、ここを知ってるか知らないかが境目。

瞑想中は

『何も考えてはいけない』

と思っている人がいますが、
基本的には、何も考えないのは無理なのでw
考えないようにしようとすればするほど、
『その出てきたこと』を考えてしまい、とらえてしまいます。

なので、
『考えないように』ではなく
『そのまま感じる』をやること。

でてきた、思いや感情をただ、そのまま感じ続ける。
考えるよりも、感じるの方が近いですね(∩´∀`)∩

是非お試しあれ(∩´∀`)∩

 

瞑想。実践編。

では、実際に、『この通りやればいいよ』
っていう、マニュアルも少し書いておきましょう(∩´∀`)∩

1分からできる簡単瞑想 ※できれば10分くらいはやった方がいいけど1分からおけ

1、ゆったりと座る(寝てもおけ)

2、全身の力を抜く(抜けるイメージをする)

3、目を閉じる

4、頭の上からピンクのハートが下りてくるイメージをする

5、そのままおろして頭の所でいったん止める

6、頭を過ぎて、次は胸のあたりで止める

7、そのハートが、自分の心臓とひとつになるイメージをする

8、あとは、そのまま出てくることを感じる

9、自分の気のすむまで続ける(何分でもおけ)

ここからは、瞑想からの目覚め
※急にではなくゆっくり目覚めることが大切です。

10、口から息を吐き切る

11、吐ききったら、鼻から3秒で吸う

12、吸ったら、口からなるべく細く長く吐く。

13、11と12を繰り返す

14、目覚めてきたなと思ったら、手足を軽く動かしてみる

15、体をさする。

16、十分だなと思ったら、目を開けて終了
※このとき、視界がボンヤリしてたら、
10~15を繰り返してください。

 

瞑想。補足。

これ大切なので、意識してください。
(大切だけど、補足かい!w)

 

瞑想は、しっかり、深くはいるということよりも。

しっかり目覚めることが大事!

目覚めないと、眠った状態のままになってしますので。

しっかり、目覚めのパートはやりましょうね(∩´∀`)∩

じゃないと、眠ったままになってしまうので・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心の塊。 魂は、どこからきてどこにいくのか。探求中。 守護神はマツコ・デ〇ックスにそっくり。 マツコと会話しながら進む旅の途中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 風見鶏 , 2017 All Rights Reserved.